当ブログは引っ越しました
今後は出演演奏会の掲載やレッスンの受講等の情報をホームページの方で行っていきます。
http://www.nishiguchi-music.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

昨年は、関西二期会の本公演に端役ながらデビューさせて頂きました。
春季公演「夢遊病の女」公証人役。続いて秋季公演「魔笛」には僧侶Ⅰ役で出させて頂きました。
特に「魔笛」では高校時代からの憧れでしたアルカイックホール(現:あましんアルカイックホール)に立たせていただけて感慨深いものがありました。

そもそも私がオペラに興味を持ったのは高校時代に当時の先生とアルカイックへ観に行った1999年関西二期会春季公演の「ラ・ボエーム」がキッカケでした。
当時私は音楽科で声楽を専攻していましたが、イタリア語など分かるわけもなく、字幕スーパーにカブリつきでした。
話もそこそこに何故興味を持ったのかと言えば、3幕の"別れのシーン"で、二組のカップルが別れようと歌いながら(片方はしんみりと、片方は激しく罵り合いながら)も一つの音楽になってるっというシステム?が面白かったのです。

正直、お客様からすれば最も何やってるのか分からないシーンでもありますね。
一斉に歌いよるもんだから歌詞が分からないわけです。
でも何か面白かったんです。

まぁ、そんなこんなで高校在学中にオペラのハイライト公演に合唱で参加させていただいたり、また観に行ったり・・・今は専ら出る方になりましたが。。;

オペラは面白いけど金も掛かる。そもそもが貴族の道楽でしたからね。
そして教養もいる。お客様当人が話を下調べしてないと半分以上損する事になります。
今は便利な時代でインターネットで嫌ってほど出てきますので、ぜひご一読を。

話が反れました。

ただ、時代が変わったんだからオペラも何か新しいステージに進まないといけないんだなと最近ヒシヒシと感じます。
今まで通りやっていては潰えると。(少なくとも日本では)

舞台を簡素化する?
演出・衣裳を身近な物に?
字幕の再考?

既に上記は目上の諸先生方がやっておられますが・・・何か起死回生なる策がないものかどうか・・・
自分も舞台に立ちながら考えていきたく思います。

次の2014年5月24日(土)には関西二期会「こうもり」(日本語公演)ブリント役が待ってます。

詳細はこちら↓
http://soumist.blog117.fc2.com/blog-entry-130.html

先ずは自分に出来る幅を少しずつ拡げながら、2014年も頑張って行きたいと思います。

西口 佳宏
スポンサーサイト
プロフィール

西口 佳宏

Author:西口 佳宏
リリコ・テノール
1983年生まれ
奈良県立高円高等学校音楽科声楽専攻卒業
YAMAHAピアノグレード6級、指導グレード5級取得
大阪音楽大学音楽学部声楽科声楽専攻卒業
関西二期会オペラスタジオ44期修了
現在、関西二期会準会員。同会オペラ公演で「夢遊病の女」公証人、「魔笛」僧侶、「こうもり」ブリント役で出演。
オペラ・宗教曲・合唱曲を歌ったり、棒振りもしています。
自宅・出張で声楽、楽典・ソルフェージュ・聴音を教えています♪詳細ご希望の方はコンタクト(メールフォーム)からご連絡下さい。
HPはこちら→西口音楽教室

最近の記事
最近のコメント
コンタクト
私のPCアドレスです。ご連絡はこちらへ。 misterioso_y_n@msn.com

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。